#18.製品紹介。クランクシャフトリビルドキット編。

今回はオススメ商品「 Sクランクシャフトリビルドキット」の紹介です。クランクシャフトをリビルドする際に交換可能なすべてのパーツのセットになります。
コンロッドキットは・コンロッド・大端部ベアリング・大端部ピン・小端部ベアリングのセットになりますので、クランクシャフト構成部品のほとんどがリフレッシュ出来ます。
価格も通常だと合計51,624円(税込)のところ、セット価格49,800円(税込)と1,824円もお得なうえ、送料も3万円以上になりますので無料です!!

◎摩耗したパーツと新品パーツを比べてみよう!!

クランクシャフトの不良は色々な原因により、様々な症状となって現れます。経年変化・異物混入・焼き付き・長期保管による結露など。異音や始動性の悪さ、不動・キックが下りない等は比較的わかりやすい症状ですが、クランクシャフトを実際に分解・洗浄・点検をするとさらに細部までチェック出来ます。

左が取り外したパーツで右が新品。コンロッド大端部内側の腐食がわかります。

こちらは左が新品。同様でコンロッド大端部ピンの腐食具合が一目瞭然。

コンロッドキットに含まれる大端部ベアリング。左が新品。ベアリングローラーのピン径を小さくローラー数を増やしたニードルベアリングになります。

スラストワッシャー。右が新品です。潤滑オイルをより保持しやすい、大きいディンプルが特徴です。


クランクシャフトのコンロッドをつまみ、左右に振りガタを確認するだけでは交換の必要があるかどうかは判断出来ません。そのガタには現れない部分をチェック、そして交換修理してこそクランクシャフトのリビルドと考えています。
クランクシャフト分解という作業は決して頻繁に行う作業では無いと思います。心残りを作らない作業でありたいですね。


◎リビルド前と後のベアリングの動きの違いを動画で観てみよう!!

クランクケース辺りからするゴロゴロ音の原因はこれだ!

◎他にもあるぞ、リペア商品!!

単品販売も可能です!

もちろんコンロッド・大端部ピンに異常が無く、まだまだ使用可能な場合も多くあります。その場合はベアリングのみの交換がおススメです。
なかなか判断が難しい場合は弊社でのクランクシャフトリビルド作業をご依頼ください。
必要な箇所のみの部品交換も可能です。
※こちらの商品は純正と同形状になります。コンロッドセットに入っている商品とは異なります。

#26.ゴム工場見学。
サカエゴム工業株式会社編

#25.キャリパーO/H。
KH250編

#24.クラッチ交換。
KH400編

#23.オイル漏れ探求。
KH250編

#22.250SS始動。
製品紹介

#21.スタンドダンパーラバー。
製品紹介

#20.ボイヤーフルトラキット。
製品紹介

#19.エアコネパイプ。
製品紹介

#18.クランクSリビルドセット。
製品紹介

#17.エンジン分解。
KH250編

#16.くまがや探訪。
グライダー&赤岩渡船編

#15.ステムO/H。
350SS編

#14.FフォークO/H。
350SS編

#13.ミッションO/H。
350SS編

#12.ミッションO/H。
350SS編

#11.秋を楽しむ。
埼玉県・群馬県編

#10.マフラー脱着。
400SS編

#09.オイルを替える。
KH250編

#08.日本国籍を取る。
H1編

#07.点火を操る。
KH250編

#06.FフォークOH。
KH250編

#05.マフラーを斬る。
KH400編

#04.腰下をバラす。
KH250編

#03.シリンダーを計る。
KH250編

#02.腰上をバラす。
KH250・350SS編

#01.キャブをバラす。
KH400/350SS編