#27.製品紹介。オイルタンクフィルター編。

まさかこんな小さなフィルターが焼付きの原因に。


オイルタンクの下に装着されている小さなフィルター。KH乗りならこの部分からよくオイル漏れするのでご存知の方も多いでしょう。しかし、オイル漏れならまだしも、実はエンジンの焼付きの原因になる場合があるのです。当店で実際にあったケースでは、エンジンの焼付きをおこしたKH400の故障原因を探って行ったところ、フィルターにつまったゴミで目詰まりし、エンジンにオイルが流れていませんでした。この小さなフィルターでもメンテナンスを怠ると大きな故障につながる事もあるのです。また、フィルターからの漏れがあるからと言って、排水管などでよく使われるシールテープなどで対処療法をする方もいますが、それは論外!!逆にシールテープの断片が目詰まりの原因になれば、必ず焼付きます。オイル漏れの症状が出ている場合などには、問答無用で新品に交換してください。

オイルタンクフィルター

・エンジンオイルタンク下部に装着するフィルター
・樹脂製
・内部にフィルターになるネットとOリングが組込まれています
・純正欠品パーツ
◎適合車種:・KH250/400/500・400SS

■オイル漏れの原因一例
・ホース差込部の折れ
・フィルター内のOリング劣化
・締め込すぎによるネジ山破損

こちらが使い込まれたオイルタンクフィルター。Oリングの劣化と網部分の破れが見受けられます。

こちらは新品のオイルタンクフィルター。

取付時は締め込み過ぎないように気をつけましょう。

ホースを取り付ける際も、差込口を折らないように注意。

#36.オイルPカバーグロメット。
製品紹介

#35.プラグ焼けの見極め。
KH編

#34.リアホイールハブダンパー。
製品紹介

#番外編.ゴリラの帰還。
 

#33.リアホイール装着。
KH400編

#32.リアブレーキシュー交換。
KH400編

#31.リアスプロケット交換。
KH400編

#30.スポークを張替える。
KH400編

#29.リアホイールを外す。
KH400編

#28.オイルレベルゲージ
製品紹介

#27.オイルタンクフィルター。
製品紹介

#26.ゴム工場見学。
サカエゴム工業株式会社編

#25.キャリパーO/H。
KH250編

#24.クラッチ交換。
KH400編

#23.オイル漏れ探求。
KH250編

#22.250SS始動。
製品紹介

#21.スタンドダンパーラバー。
製品紹介

#20.ボイヤーフルトラキット。
製品紹介

#19.エアコネパイプ。
製品紹介

#18.クランクSリビルドセット。
製品紹介

#17.エンジン分解。
KH250編

#16.くまがや探訪。
グライダー&赤岩渡船編

#15.ステムO/H。
350SS編

#14.FフォークO/H。
350SS編

#13.ミッションO/H。
350SS編

#12.ミッションO/H。
350SS編

#11.秋を楽しむ。
埼玉県・群馬県編

#10.マフラー脱着。
400SS編

#09.オイルを替える。
KH250編

#08.日本国籍を取る。
H1編

#07.点火を操る。
KH250編

#06.FフォークOH。
KH250編

#05.マフラーを斬る。
KH400編

#04.腰下をバラす。
KH250編

#03.シリンダーを計る。
KH250編

#02.腰上をバラす。
KH250・350SS編

#01.キャブをバラす。
KH400/350SS編