#32.リアブレーキシュー交換。KH400編

制動の「核」リアブレーキシューを交換する。


リアブレーキシューVB-404

Vesrah社製
・ケプラ及び無機繊維、フェノール樹脂、潤滑材、耐磨耗材などを配合してつくられた環境にやさしい材質です。制動力はもちろん経済性にも優れています。

■交換の目安
・ブレーキペダルの遊びが多い
・リアブレーキ制動力の低下
・定期的な交換

#30.スポークを張替える。でリアブレーキシューパネルを外しましたので、その続きからです。画像では新品のブレーキシューを並べてみました。

リアブレーキシュー固定ワッシャの割りピンを抜き、

リアブレーキシュー固定ワッシャを外します。

パネルからブレーキシューを抜き取ります。

取外したブレーキシューを新品と比べてみましょう。ハブの内側に当たる部分「ブレーキライニング」の厚みが全く違います。

続いてリアブレーキアームを留めているボルトを外し、

リアブレーキアーム、

ブレーキシューゲージ、

ブレーキカムシャフトを外します。
ブレーキカムシャフトは古いグリスとブレーキダストにより、固着している場合が非常に多いです。ブレーキシュー交換の際は必ず取り外して「洗浄」と「グリスアップ」をしましょう。

フェルトも取ります。

こちらが分解がしたブレーキパネル一式です。

お次は、お馴染みの洗浄!!ゴシゴシ行きますよ!!

綺麗サッパリ!!やっぱりきれいなパーツは気持ちいいです。

前回に続き再び登場。どこのご家庭にでもあるスレッドコンパウンドをご用意下さ〜い。無い場合は当店にてご購入お願いしま〜す。

ブレーキシューを取り付けるピンの部分にスレッドコンパウンドを塗って下さい。

こんな感じ。

カムシャフトにグリスを塗ります。こちらは摩擦の低減が出来れば良いので一般的なグリスで大丈夫です。

新品のブレーキシューは角を軽くバリ取りをしておきます。

では組み込み開始です。

リターンスプリングを引っ張り、ブレーキシューを広げ押し込んでいきます。

リアブレーキシュー固定ワッシャにもスレッドコンパウンドを塗っておきましょう。

リアブレーキシュー固定ワッシャをはめて、割りピンを差し込んでしっかりロック。

リアブレーキアームのシャフトに新品のドラムブレーキダストフエルトを設置。

ブレーキシューゲージをはめて、

リアブレーキアームをセット。

ボルトをはめたら、

リアブレーキパネル内オーバホール完了。リアホイールへの組み込みは次回。

#36.オイルPカバーグロメット。
製品紹介

#35.プラグ焼けの見極め。
KH編

#34.リアホイールハブダンパー。
製品紹介

#番外編.ゴリラの帰還。
 

#33.リアホイール装着。
KH400編

#32.リアブレーキシュー交換。
KH400編

#31.リアスプロケット交換。
KH400編

#30.スポークを張替える。
KH400編

#29.リアホイールを外す。
KH400編

#28.オイルレベルゲージ
製品紹介

#27.オイルタンクフィルター。
製品紹介

#26.ゴム工場見学。
サカエゴム工業株式会社編

#25.キャリパーO/H。
KH250編

#24.クラッチ交換。
KH400編

#23.オイル漏れ探求。
KH250編

#22.250SS始動。
製品紹介

#21.スタンドダンパーラバー。
製品紹介

#20.ボイヤーフルトラキット。
製品紹介

#19.エアコネパイプ。
製品紹介

#18.クランクSリビルドセット。
製品紹介

#17.エンジン分解。
KH250編

#16.くまがや探訪。
グライダー&赤岩渡船編

#15.ステムO/H。
350SS編

#14.FフォークO/H。
350SS編

#13.ミッションO/H。
350SS編

#12.ミッションO/H。
350SS編

#11.秋を楽しむ。
埼玉県・群馬県編

#10.マフラー脱着。
400SS編

#09.オイルを替える。
KH250編

#08.日本国籍を取る。
H1編

#07.点火を操る。
KH250編

#06.FフォークOH。
KH250編

#05.マフラーを斬る。
KH400編

#04.腰下をバラす。
KH250編

#03.シリンダーを計る。
KH250編

#02.腰上をバラす。
KH250・350SS編

#01.キャブをバラす。
KH400/350SS編