#47.ツーリングレポート。長野県編

上田城跡公園&松茸御飯を目指して、長野県への小旅行。


今回は昨秋に行った珍道中ツーリングをご報告します。
10月のある日のこと。当店工場長の「上田城跡公園に行ってみたい!」発言を機に、長野県への「上田城跡公園&松茸御飯ツーリング」計画が始動(松茸御飯は店長の希望)。どうせ行くならと、道中立ち寄るところを"あれやこれや"と模索。「入れ込みすぎて時間的にかなりきついな〜」とは思いながらも、ツーリングコースは決定し「いざ出発〜」となりました。久しぶりのツーリングはテンション上がり気味の遠足気分で始まりましたが、終盤に工場長のある発言で、事態は急展開!....。なんてドラマチックな書き方しておりますが、ノウテンキな野郎二人旅のツーリングレポートです。よろしければ御一読ください。

■主な立ち寄り場所と概ねの到着時間


いざ出発!

長い道中を考え、朝7:00にホット&クールを出発。今回はハーレーとKZ1000でのツーリングです。


関越自動車道 上里SA埼玉県児玉郡上里町

上信越自動車道手前の上里SA。

上州名物「おぎのやの峠の釜飯」が既に売られています。あとでお店にも寄ってみます。

最近のサービスエリアはサービスエリアごとの特色も出ていて高速道路を使ったツーリングの楽しみの1つでもありますご当地B級グルメも充実しています。


上信越道 甘楽SA(群馬県甘楽郡)

近くには世界遺産の「富岡製糸場」もある非常に趣のあるサービスエリアです。

魅力的な販売機...。でも、ここでは我慢。


おぎのや本店(群馬県安中市

大井松田妙義ICから一旦高速を降り、下道国道18号線で軽井沢方面に走ります。しばらく走ると上州名物峠「釜飯のおぎのや本店」が見えてきます。

時間が早くまだ開店はしていませんが既に店前ではお弁当が販売開始されていました。私が小学校の時から変わらずのお弁当スタイルです。

おぎのや本店前道を挟んだ向かいのスペースには...

なんと「頭文字D」の「シルエイティ」が!

今は定番のインスタスポットです。


碓氷第三橋梁 通称「めがね橋」群馬県安中市

国道18号をバイパスを使わずに軽井沢方面に向かうと碓氷峠に入って直ぐに「めがね橋」があります。こちらも最近では定番のインストスポットのようで、一見よくある観光地のようですが実際に見るとかなりの迫力です。

橋の上にも上がれて橋の両端にはトンネルが続きます。
このトンネルが微妙に怖いです...。

微妙に怖いトンネルの入口....。

ちょっと異世界への入り口の様です。

「めがね橋」遠景と工場長のKZ1000。


碓氷峠群馬県安中市→長野県北佐久郡)

国道18号線を軽井沢方面に走ると碓氷峠を通ります。
今は国道18号バイパスが出来てしまい旧道の碓氷峠を通る人はかなり少なくなっているようですが、カーブが180回ほど続く道幅のない峠道です。走りで攻めるというよりは景観を楽しむ峠道ですね


ストーブカフェ「オキザリス」

〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢野沢原1287-9 フェイスブック

カフェ朝食&ランチメインのお店「オキザリス」で遅めの朝食。軽井沢は別荘地だけあってこじんまりとしたカフェが多く朝7時位からモーニングを堪能できます。

ゴリラ店長にはハードルの高い女子力高めの朝食でした。一休みして軽井沢の定番「白糸の滝」へ Let's Go!この次の食事は夕飯の「松茸御飯!」楽しみ〜。


白糸の滝(長野県北佐久郡)

軽井沢の定番中の定番白糸の滝。最近はパワースポットとしても有名です

小さい頃から何度も来ていますが、よ〜く見ると山の斜面の間から水が流れ出ていてとても幻想的です。

水の音と色付いた木々の紅葉とで、ヒーリング効果抜群の場所です。


鬼押出し園(群馬県吾妻郡

白糸の滝から一気に標高が上がり北軽井沢へ。こちらも観光の定番「鬼押出し園」。浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩が一帯に広がる観光名所です。

園内を一周するのは、かなり大変です。歩きたい人はスニーカー持参をお勧めします。

自然豊かな風光明媚な場所です。

園内には神社もあります。

鬼押出し園から見る眺望。見下ろすと紅葉が広がっています。
 

浅間山の裾野になるので見上げると浅間山がくっきりと見えます。この日はあいにく雲がかかっていて雲の切れ間から見えるだけでした。

鬼押しハイウェイ。鬼押出し園から続く直線道路です。片手に浅間山、反対側に浅間山の裾野が広がる気持ち良い直線です。

■ここで運命の選択!

鬼押出し園を出発したのが大体PM2:00。予定より時間が押してしまい、この後「松茸ご飯」と「上田城跡公園」の両方に行くのが難しい事が判明!店長としては、お昼ごはんも抜いてるし「松茸ご飯」を優先したいところ。しかし、工場長の希望「上田城跡公園」に行ってもあげたい!!....苦渋の決断ですが従業員の希望を優先して、目的地を「上田城跡公園」に決定!!「松茸ご飯」は来年に持ち越し!残念!これも普段頑張ってくれている従業員のためです。なのに.....


上田城跡公園(長野県上田市

ついに上田城に到着。
慣れない土地でオートバイ駐車可の駐車場を探してウロウロしてると、
 
工場長「あっちです」
 
店長「どこから公園内に入るのかな〜?」
 
工場長「こっちです」
 
なるほど!さすが工場長。事前の下調べにぬかりなし!
日頃の丁寧な仕事ぶりはこんなところにも。気が利くと言うか、下調べ無しで来た私が恥ずかしく思うほど。
 
店長「ところで天守閣はどこかな〜?」
 
工場長「無いっす!」
 
ん?なんで?さっきまで、城だから天守閣が見えるだろうと二人で上田市の街中をオートバイ乗りながら上を見上げてウロウロしてたよね?
 
工場長「無いっす!っていうか俺ここ来たことあるっす!」
 
店長「ん?何を言ってるのかな?君は?今日は城を見ると数日前から二人年甲斐もなくウキウキしてたよね。」
 
工場長「いや~。いつ言おうか迷ってたんですけど、駐車場探してて俺ここ来たことあるって思い出しました。」
 
工場長「上田城は天守閣無いっす!」
 
上田城に行ってみたいって言ってたよね....下調べもしてたよね....気が付かなかったん?
 
そうですか、そうですか.....上田城址に到着してひたすら天守閣を探す50過ぎのおっさんを君はニヤニヤ見ていたんですね。
 
Hot&Coolの工場長は実はドSです。お気を付け下さい。
 
とは言いつつも、にわかガイドに城址内を案内させ日がすっかり暮れるまで城址内を堪能させて頂きました。


帰路

とうとう朝食以外は一食もせずに帰路....。
さすがにお腹がすいたので、上田市で全国どこでも食べられる普通のおいしいご飯とノンアルビールで空腹を満たし、高速に乗り一気に埼玉方面へ。
最終休憩の本庄上里SA(上り)で飲んだスタバのカフェラテを飲みながら反省会。次回こそは天守閣、そして松茸ご飯を食べようぞ!工場長、行ったことある場合は事前申告忘れずにお願いします。
春もツーリングの予定があるので、またレポートします。お楽しみに!(記事は秋ごろになったりして...)

#47.ツーリングレポート。
上田城跡公園編

#46.H2エンジン組上げ。
点火時期調整編

#45.アウターレースの回転を止めろ。
KH・SS編。

#44.リールキーホルダー。
製品紹介

#43.ショップTシャツ。
製品紹介

#42.H2エンジン組上げ。
付帯部品編

#41.H2エンジン組上げ。
腰上編

#40.H2エンジン組上げ。
腰下後編

#39.H2エンジン組上げ。
腰下前編

#38.クランクオイルシール抜け。
検証記事

#37.KH用メッキリアフェンダー。
製品紹介

#36.オイルPカバーグロメット。
製品紹介

#35.プラグ焼けの見極め。
KH編

#34.リアホイールハブダンパー。
製品紹介

#番外編.ゴリラの帰還。
 

#33.リアホイール装着。
KH400編

#32.リアブレーキシュー交換。
KH400編

#31.リアスプロケット交換。
KH400編

#30.スポークを張替える。
KH400編

#29.リアホイールを外す。
KH400編

#28.オイルレベルゲージ
製品紹介

#27.オイルタンクフィルター。
製品紹介

#26.ゴム工場見学。
サカエゴム工業株式会社編

#25.キャリパーO/H。
KH250編

#24.クラッチ交換。
KH400編

#23.オイル漏れ探求。
KH250編

#22.250SS始動。
製品紹介

#21.スタンドダンパーラバー。
製品紹介

#20.ボイヤーフルトラキット。
製品紹介

#19.エアコネパイプ。
製品紹介

#18.クランクSリビルドセット。
製品紹介

#17.エンジン分解。
KH250編

#16.くまがや探訪。
グライダー&赤岩渡船編

#15.ステムO/H。
350SS編

#14.FフォークO/H。
350SS編

#13.ミッションO/H。
350SS編

#12.ミッションO/H。
350SS編

#11.秋を楽しむ。
埼玉県・群馬県編

#10.マフラー脱着。
400SS編

#09.オイルを替える。
KH250編

#08.日本国籍を取る。
H1編

#07.点火を操る。
KH250編

#06.FフォークOH。
KH250編

#05.マフラーを斬る。
KH400編

#04.腰下をバラす。
KH250編

#03.シリンダーを計る。
KH250編

#02.腰上をバラす。
KH250・350SS編

#01.キャブをバラす。
KH400/350SS編