#29.リアホイールを外す。KH400編

リア足回りのメンテはタイヤを外す事から始まります。


バイクメンテナンスに於いてリアホイールを外す機会は多々あります。今回は一般的なリアホイールの外し方を紹介いたします。ぜひ参考にして下さい。マフラーは外してある状態から解説が始まります。マフラーの外し方は#10.マフラー脱着。400SS編を参照して下さい。
また、今回から数回にわたってリアホイール付近のメンテナンス情報を発信します。お楽しみに!
※今回作業した車両は、サイドエンブレムは「KH250」ですが実際は「KH400」になります。

センタースタンドを立て後輪を浮かせます。センタースタンドがない場合はジャッキ等を使用します。その際サイドスタンドとジャッキを使って浮かせるのは、絶対NG!車体が斜めだと必ず倒れます。

次にチェーンケースを外します。3本のボルトを外したら、

後方から抜き取ります。

続いて左右のチェーンアジャストボルトを緩めます。

まず、チェーンアジャストボルトロックナットを緩め、チェーンアジャストボルトを緩めます。チェーンアジャストボルトは左右とも画像の程度緩めるか、取外してしまってもOK。

リアアクスルナットの割りピンを取り、

リアアクスルナットを緩めます。

ホイールを前後に動かせる程度まで緩めます。

左右のスイングアームの「エンド」を固定しているボルトを緩め、

エンドを取外します。画像の手で摘んでいるのが左側のエンドです。

右側のスイングアームからも同じようにエンドを取り外します。

リアブレーキケーブルのリアアジャスターを外す。

リアブレーキケーブルを外す。画像は外れた状態。

リアブレーキケーブルをガイドから外す。

トルクロッドとリアブレーキシューパネルを留めているナットの割りピンを外し、

ナットも外し、

トルクロッドを外したらもう一息。

ホイールを一旦前にスライドしチェーンをたるませて、スプロケからチェーンを画像のように外します。

あとはホイールを後方に引き出し無事取り外し終了です。外したパーツ類は無くさないように管理しましょう。
次回は「スポークの張り替え」を予定しております。お楽しみに!!

#37.KH用メッキリアフェンダー。
製品紹介

#36.オイルPカバーグロメット。
製品紹介

#35.プラグ焼けの見極め。
KH編

#34.リアホイールハブダンパー。
製品紹介

#番外編.ゴリラの帰還。
 

#33.リアホイール装着。
KH400編

#32.リアブレーキシュー交換。
KH400編

#31.リアスプロケット交換。
KH400編

#30.スポークを張替える。
KH400編

#29.リアホイールを外す。
KH400編

#28.オイルレベルゲージ
製品紹介

#27.オイルタンクフィルター。
製品紹介

#26.ゴム工場見学。
サカエゴム工業株式会社編

#25.キャリパーO/H。
KH250編

#24.クラッチ交換。
KH400編

#23.オイル漏れ探求。
KH250編

#22.250SS始動。
製品紹介

#21.スタンドダンパーラバー。
製品紹介

#20.ボイヤーフルトラキット。
製品紹介

#19.エアコネパイプ。
製品紹介

#18.クランクSリビルドセット。
製品紹介

#17.エンジン分解。
KH250編

#16.くまがや探訪。
グライダー&赤岩渡船編

#15.ステムO/H。
350SS編

#14.FフォークO/H。
350SS編

#13.ミッションO/H。
350SS編

#12.ミッションO/H。
350SS編

#11.秋を楽しむ。
埼玉県・群馬県編

#10.マフラー脱着。
400SS編

#09.オイルを替える。
KH250編

#08.日本国籍を取る。
H1編

#07.点火を操る。
KH250編

#06.FフォークOH。
KH250編

#05.マフラーを斬る。
KH400編

#04.腰下をバラす。
KH250編

#03.シリンダーを計る。
KH250編

#02.腰上をバラす。
KH250・350SS編

#01.キャブをバラす。
KH400/350SS編